2017年02月26日

甚目寺観音で写真の練習

趣味で写真を始めましたるんるんというのも最近では読む本も鍼灸や医学関連の書籍に偏っており、休日もジムで運動をする程度であまり出かけることもない状況でしたので、このままではいけない!と思い、かねてから興味のあったカメラを思いきって購入しました。

さっそく写真を撮りに行こうとなったわけですが、まだカメラの扱いにも慣れていないのでまずは近場で練習するついでにこのブログであま市周辺の観光スポットを紹介しようと思います。当院にも遠方から来院される方もいらっしゃるので帰りに遊んでいかれてはいかがでしょうか?

まず最初に訪れたのが甚目寺観音です。推古5年(西暦597年)に漁師が漁をしていたところ網に観音像がかかり、お堂を建ててその像を納めたのが始まりだという、とても歴史のあるお寺です。節分や年越しからの初詣の時期には多くの人でにぎわいます。甚目寺1.jpg

立派な三重塔もあります。
甚目寺2.jpg

ちょっと離れたところにミニチュアの塔がありますが、なぜかこちらは五重塔です。
甚目寺3.jpg

閻魔大王様が祀られているお堂がありました。子供の頃から何度か訪れていますが、今まで気づきませんでした。中には自由に入れますが午後3時で閉まります。すでに夕方の4時過ぎだったので残念ながら入ることはできませんでしたバッド(下向き矢印)
甚目寺4.jpg

甚目寺5.jpg

神馬を発見。体には太極図がexclamation×2これは鍼灸師としては見逃せません。
甚目寺6.jpg

散策していると他にも見どころがいくつかあることに気づきました。
甚目寺7.jpg

甚目寺8.jpg

甚目寺9.jpg

今まで何気なく通り過ぎていたものが写真におさめようと注意深く観察することで全く違った風景として感じられることに驚きました。身近なところで見落としていたものがたくさんあるのかもしれませんね。やはり写真を始めたのは正解でした。また出かけて行きたいと思っています。
タグ:日記 写真
posted by 続木はり院 at 23:44| 趣味

2017年02月14日

花粉症のページ追加

もうすぐ花粉症のシーズンがやってきますねあせあせ(飛び散る汗)日本気象協会によると今年の中部地方の花粉飛散量は去年と比べて2〜5倍になるそうです。聞いただけでも鼻がムズムズしてきますね。

花粉の量は夏の日照時間が長くなるほど増えるそうです。花粉を飛ばす雄花の生育が良くなるみたいですね。夏休みの海やプールなどのレジャーシーズンに晴れてくれるのはうれしいですが、その間に花粉を飛ばす雄花がすくすく育っていると思うと複雑な心境です。

前置きが長くなりましたが当院のホームページに花粉症についてのページを追加しました。花粉症に漢方薬が効くことはある程度知られていますが、はり治療も効果があることはあまり知られていません。はりでは体質改善を行うことによって花粉症の症状を緩和していきますので早めに準備されることをおすすめしております。

また花粉症は食生活や生活環境にも影響されます。実は私も花粉症には悩まされているのですが、自分ではりをすることによってコントロールできています。ピーク時でもマスクなしで外出できる程になったので友人と飲みに出かけビールをたくさん飲んだら、それまで抑えられていた鼻水が一気にあふれ出てきてしまいました。

東洋医学でビールは痰湿という性質があり、これは体の中の余分な水分を増やしてしまう上に、体も冷やす性質もあるので花粉症にはよくありません。実際ビールに限らずアルコール類は体内で分解する際にアセトアルデヒドという物質に変化しますが、このアセトアルデヒドがアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの分泌を促進させます。ですから花粉症の方はシーズン中はお酒は控えることをおすすめします。

このように治療と同時にその方にあった対処法もお話しさせてもらいますのでぜひご利用ください。
posted by 続木はり院 at 21:54| お知らせ

2017年02月04日

2/11(土・祝)は営業します(平成29年)

2/11(土)は祝日ですが営業します。祝日と土曜日が重なると損した気分になりますねあせあせ(飛び散る汗)そんなモヤモヤした気持ちもはりの心地よい刺激で心も体もリフレッシュしましょうるんるん

ご予約のお電話おまちしております。
タグ:営業案内
posted by 続木はり院 at 21:15| お知らせ