2015年02月09日

小児はりの講演会

2/8(日)に所属している愛知県鍼灸マッサージ師会の定期講習会に参加してきました。今回のテーマは小児はりについてです。

こどもは大人と違って発育途上にあり非常にはりに対する反応が早いので、はりを刺すことなく、ただ皮膚を刺激するだけで高い治療効果が期待できます。
そのため道具も一応「はり」という名称はつきますが、平らな形をしていたり、棒状になっているものを使用します。決して刺さることがないので怖がりのお子様にも安全・安心です。

そして今回の講演会で興味をもったのがラットによる実験ですが、小児はりをする前と後でストレスを受けると分泌されるホルモンが減少し、成長・発育を促す成長ホルモンの分泌が上昇したことです。
これまでも経験上、小児はりによって夜泣きや夜尿症、喘息などが改善されることは知っていましたが、実際に数値として示されることでその効果が裏付けられたのは大きな収穫でした。

ただやはり世間にはあまり小児はりは認知されておらず、活躍の場が少ないのは残念なことです。小児はりによってこどもたちが元気に成長してくれるようにお手伝いができるよう、少しでも多くのかたに知っていただけたらと思います。
posted by 続木はり院 at 21:17| 日記