2016年11月09日

中医学と経絡治療の違い

鍼灸業界にはさまざまな流派がありますが、その中でも比較的勉強されている方の多い中医学と経絡治療について私なりの見解を簡単に述べさせてもらいます。

中国で成立した中医学と日本で成立した経絡治療、その理論と治療方法の違いはやはり資格制度の違いが大きいと思います。
中国で鍼灸をする人は中医師であり、同時に漢方薬を処方することができます。ところが日本の鍼灸師ははりとお灸だけで漢方薬の取り扱いはできません。

そのため中医学では漢方薬のための理論と鍼灸のための理論が統一されている必要があり、口から飲み込んで腸から吸収される漢方薬の特性から臓腑を主体として理論が構築されています。

一方日本でははりとお灸しか使えないため、体表からの刺激が主体となります。そこで内臓と身体の末端部をつなぐライン=経絡の流れを整えることによって全身を調整するという考え方を中心として経絡治療が構築されました。

最近では雑誌やテレビなどで見かけることがある薬膳は東洋医学の考え方をベースとした健康食ですが、中医学の理論で紹介されていることがほとんどです。ですから雑誌に書かれている内容をもとにして鍼灸院の先生に質問をしても会話がかみ合わないことがあるかもしれません。それは上記で説明したとおり治療のベースとなる理論が異なるためです。

ちなみに漢方薬にもいくつか流派があって日本漢方などもあるそうですが、薬の方は私は専門外なため説明することはできませんのでご容赦ください。
posted by 続木はり院 at 21:51| 東洋医学